読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takedajs ログ

備考録

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

会話をしているときに、話すことがなくなり沈黙が訪れることがあります。
これをどうにかしたいと思い、評価が高かったので数年前に読みました。

当時読んだときに、会話についてためになることが多く書いてあり、
読む前にくらべて相手の気持ちを考えながら話す力がつきました。

「初対面の人とでも会話がうまくでき、仲良くなれる人」に会うことがあります。
彼らのようになれたら、どこに行っても楽しいです。

この本を読み、会話のことや、相手の気持ちを理解することの大切さを知れば、
人と話すことが楽しくなり、会話力が上がります。

どんな人でも、自分の気持ちを聞いてほしい。それだけで、
うれしい気持ちが何倍にもふくらんだり、辛い気持ちも一気にとけて消えてしまう。

人は「自分の話を聞いてほしい」「気持ちをわかってほしい」という思いがある。
それは希望ではなく熱望である。

ひたすら自分の話をしている、自称“話し上手”さんより、
口下手で黙って話を聞いてくれる人の方が好かれるのは、言うまでもない。

自分の話しかしない人がいます。
大学入る前の自分がそうでした。
コミュ力 = しゃべれる だと勘違いしたせいです。

会話は、自分の話 : 相手の話 = 3 : 7 くらいが良いと思います。
自分の話ばかりする人と話すと、辛くて疲れます。

聞き手が一番分かってほしいのは「出来事のあらまし」ではなく「そのときの気持ち」。
「プラス」と感じたらプラスの反応、「マイナス」ならマイナスの反応をする。

話すとき→自分の性格、人柄が分かるエピソードを話す。
質問するとき→相手の性格、人柄がわかるエピソードを引き出す。

「イラっとくることもあるでしょう」と問いかけられると、人は話さずにはいられない。

「話しかけにくい人」=「自分に反応がよくない人」
良い反応があまり返ってこない人ならば、「少し会話ができたらそれでよし」と考え、
深追いせずに切り上げて、少しずつ距離を縮めていく。

リラックスした状態からしか、楽しい会話は生まれない。

複数でいる場合は一部の人にしかわからない話題は避ける。
どうしても話したければ他の人にもわかるように解説を入れる。

できてない人が多いです。
解説は重要で、これは常に意識してます。

ネガティブな気持ちを打ち明けられたら、ヘンに励ましたり、
自分の価値観を押しつけたりしない。相手の辛い気持をひたすら聞いて、共感してあげる。

自分はどちらかというとポジティブで、それを人に強制してしまうときがありました。
相手の気持ちを無視しての押しつけです。
今は、ひたすら相手の気持ちを聞いて、共感することを心がけています。

常に「自分がなにを話せばいいのだろうか」と考えたり、「自分を良く見せること」
「嫌われないようにすること」に神経をとがらせるのはやめる。
それよりも、相手がどんな事を知りたいのか、あるいはどんな気持ちを分かってほしいのか、
共感してほしいのかに目を向けてみる。

毎日、家族、友人、近所の人と「おはよう」「お疲れ様」「大丈夫?」「ありがとう」、
こんな風に言葉をかけあえることが、私達の心の元気の素となり、
明日への活力を生み出すエネルギー源になることを周囲に積極的に働きかけて、体験する。

この本で学んだ会話についてのことを意識しながら、
積極的に多くの人と話すことで、少しづつですが会話力をあげていけると思います。

会話力をあげることができれば、
どんな所にいっても楽しめることができます。


自分は初対面の人と話すことには抵抗がなく、
相手のことをもっと知って仲良くなりたい気持ちがあります。

ただ、まだまだうまく会話を続けたり、相手の話を引き出すことができません。
これからも、相手の気持ちを理解することを意識して、
会話力をあげていきます。

今までに、100冊ほど本を読んできた中でも、
トップ5に入るほど、おすすめの本です。