読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takedajs ログ

備考録

ポモドーロ・テクニックを1年間やり続けてみた。

生産性を上げたいと考えてたときに、ポモドーロ・テクニック(以下、ポモドーロ)を知りました。仕事とプライベートで1年間やり続けてみたので、ポモドーロを使った自己流のやり方やおすすめのタイマーを紹介します。

ポモドーロ・テクニックとは

ご存知の方も多いと思いますが、改めて記述します。

25分の集中した時間を1ポモドーロとし、1ポモドーロが終わるたびに5分の休憩します。 そして、4ポモドーロが終わったら、15分程度の休憩を入れる

自己流のやり方

ポモドーロをやり初めてから色々と試行錯誤して、自分にあったやり方にアレンジしていきました。以下、ブログを書いて公開するまでのタスクを例に上げて、ポモドーロを利用した自己流のやり方です。

1. ブログを公開するまでの段取りを考え段取りリストを作成する

以下のように段取りリストを書きます。作業内容の横には、ざっと作業時間を書きます。

■ブログを公開する
15 書くお題を考える
15 箇条書きで内容を書く
50 詳細を書く
10 画像を用意する
10 はてブの管理画面で清書する
5 公開する

作成した段取りリストは、いつもデスクトップ付箋に記述しています。 ショートカットキーで最前面に付箋が表示され、すぐに段取りリストが確認できるのでオススメです。

2. 25分でタイマーをスタートする

先程の段取りリストを確認して、25分でどの作業までできるかを軽く把握します。
そして、作業に入る前に25分でタイマーをスタートします。

Macで作業しているのですが、いつもこのタイマーを使ってポモドーロをしてます。(オススメです。)

Activity Timer

Activity Timer

  • HAPPY CODING UG (haftungsbeschränkt)
  • 仕事効率化
  • 無料

f:id:takedajs:20170310121106p:plain

Activity Timerの良い点
・余計な機能がなくて良い。シンプルイズベスト!
・メニューバーに時間が表示され、常に時間を確認できる。
・ポモドーロ専用タイマーではないので、25分が終わっても自動で5分休憩のカウントがされない。ただ逆にそれが良くて、「タイマーをスタートしたら集中するぞ」と考えるようになり、自分には合っていた。

3. 25分のタイマーが終了するまで作業に集中する

仕事中は、メンバーから質問など話しかけられることがあると思いますが、その時はそちらを優先します。
差し込みのタスクを振られたときは、付箋に内容を簡単にメモしておくだけです。基本的に、タイマーをスタートする前にこの25分でやると決めたことだけを行います。

4. 休憩

25分のタイマーが終了したら、たとえ今やっている作業が順調にでき気持ちが乗っていても、強制的に休憩を取ります。これがかなり重要だと思います。
作業し続けると疲れが貯まってくるので、強制的に休憩を取ることで、結果的に長い時間を集中して作業できるようになります。

Activity Timerでの25分終了のアラート表示はこんな感じです。 プッシュ通知がくるので、終了を気づけます。

f:id:takedajs:20170310121117p:plain

正しいポモドーロのやり方だと5分を計って休憩を取りますが、時間の設定が面倒なので僕は時間を計っていません。

休憩中はやること
・トイレに行く or ウォーターサーバーに水分を取りに行く。
・前のポモドーロでやり終えた作業を段取りリスト上で以下のようにインデントする。これをやることで、作業が完了しているものと完了していないことが明確に分かります。(取り消し線でも良いですが、インデントはtabボタンを押せば簡単にできるので)

■ブログを公開する
    15 書くお題を考える
    15 箇条書きで内容を書く
50 詳細を書く
10 画像を用意する
10 はてブの管理画面で清書する
5  公開する

5. 2からまた始める

このように25分+休憩を1セットとして行います。 3セットが終わったら何かしら気分転換になるものを入れてます。(MTGやコーヒーブレイク)

やり続けた感想

仕事とプライベートで1年間やり続けての感想です。

良い点

作業にリズムがでるようになった
 25分+休憩という決まったリズムで作業しているため、その時の気分に関わらず淡々と作業ができます。

短時間で集中できるようになった
 25分のタイマーをスタートさせる前に「タイマーをスタートしたら集中するぞ」と考えるようになり、スタートさせた瞬間からすぐに集中モードに入れるようになりました。

長時間集中できるようになった
 気分が乗っているときは疲れていないように感じますが、時間が経つにつれて集中力が落ちてきます。強制的に休憩を入れることで、長時間集中できるようになりました。

悪い点

ポモドーロなしでは作業ができなくなった
 これに尽きます。体が完全にポモドーロ仕様になっています。25分のタイマーをスタートせずに作業をすると体がそわそわします。

まとめ

休憩時間など細かく取るようになりましたが、結果的に生産性がかなり上がったと思います。今回書いた内容は色々と試してみて僕に合ったやり方なので、皆様も実際にポモドーロをやってみて自分に合ったやり方にカスタマイズしてみてください。
是非、良いポモドーロライフを!