takedajs ログ

備考録

CircleCI 2.0を利用してマージされた時にHerokuにデプロイする

CircleCI 2.0(以下、CircleCI)を利用して、Githubの指定リポジトリのmasterブランチにマージされた時に、 Herokuにデプロイされるようにしてみました。

CircleCIとGithubの連携

Githubにデプロイ用のリポジトリを作成

利用するリポジトリは何でもいいですが、今回はPHPのフレームワークであるCodeIgniterをそのまま入れたCodeIgniter_CircleCIリポジトリを作成しました。

github.com

CircleCIアカウント作成

以下サイトの「Sign Up with Github」を押下して作成します。

Signup - CircleCI

プロジェクト追加

CircleCIの左メニューにあるADD PROJECTSを押下すると、リポジトリ一覧が表示されます。今回利用するCodeIgniter_CircleCIのSet Up Projectを押下します。

f:id:takedajs:20180624153859p:plain

設定画面に遷移するので、右下にあるStart buildingを押下します。

f:id:takedajs:20180624154021p:plain

ビルドが走り失敗しますが、リポジトリ一覧ではUnfollow projectボタンが表示され、これでプロジェクトの追加が完了です。

f:id:takedajs:20180624154042p:plain

リポジトリのCheckout keys設定

CircleCIからリポジトリをチェックアウトできるように設定します。

CircleCIの左メニューにあるSETTING->Projectsを押下すると、Githubのリポジトリ一覧が表示されます。 利用するCodeIgniter_CircleCIの歯車ボタンを押下します。

f:id:takedajs:20180624154159p:plain

左にあるメニュー一覧からCheckout SSH keysを選択し、Add Deploy keyを押下します。

f:id:takedajs:20180624154254p:plain

Add Deploy keyを押下すると、keyが設定されます。

f:id:takedajs:20180624154823p:plain

DescriptionにあるGithubへのリンクを押下すると、Github上にあるリポジトリのDeploy keys一覧へ遷移します。 一覧にCircleCIのkeyがあることが確認できますので、これでCheckout keysの設定が完了です。

f:id:takedajs:20180624154857p:plain

CircleCIとHerokuの連携

CircleCIの環境変数にHerokuのアプリケーション名とAPIキーを追加します。

アプリケーション名取得

heroku create コマンドを実行するとheroku上でアプリケーションが作成されます。 以下のようなurlが作成され、xxxの箇所がアプリケーション名になります。

https://git.heroku.com/xxx.git

Herokuに関しては今回の記事では書いていないので、 公式ドキュメントを参考に作成してください。

APIキー取得

HerokuのManage AccountにあるAPI Keyを利用します。 Revealボタンを押下するとAPI Keyが表示されます。

f:id:takedajs:20180624155317p:plain

CircleCIの環境変数に設定

Environment VariablesページでAdd Variableボタンを押下し、先程取得した以下2つの情報を環境変数として設定します。

HEROKU_ALI_KEY : APIキー
HEROKU_APP_NAME : アプリケーション名

f:id:takedajs:20180624155351p:plain

CircleCIからHerokuにデプロイ

CircleCIの設定ファイルを作成

リポジトリ直下に.circleciディレクトリを作成し、その中にconfig.ymlを作成します。 config.ymlには、masterにマージされた時だけ指定したHerokuアプリケーションにデプロイさせる処理を記述しています。

パス: CodeIgniter_CircleCI/.circleci/config.yml

masterブランチにマージしてHerokuにデプロイ

これまでの設定を行うことで、準備は完了です。 実際にmasterブランチに修正(猫の画像を表示させる)をマージし、反映を確認します。

まず、修正前のCodeIgniter_CircleCIリポジトリをHerokuにデプロイすると、以下ようなCodeIgniterのデフォルトページが表示されます。

f:id:takedajs:20180624155731p:plain

masterブランチから新たにブランチを切り修正を加えmasterにマージすると、CircleCIのジョブが実行されます。 デプロイが正常終了した時、SUCCESSのラベルが表示されます。

f:id:takedajs:20180624155802p:plain

Herokuアプリケーションを確認してみると、修正が反映されていることが分かります。

f:id:takedajs:20180624180615p:plain

まとめ

CircleCI2.0を利用してmasterブランチにマージした時、Herokuにデプロイまでを試してみました。

CircleCIを利用するのが初めてでしたが、ドキュメントも詳しく書いてあるし、GUIも分かりやすく、使いやすかったです。

ただ、初めCircleCI2.0ではHeroku CLIを導入する必要があると書いてあったのですが途中から導入の必要がなくなったり、ドキュメントが随時更新されているので戸惑いました。 Qiita記事も古いものが多いので、随時ドキュメントを参考に実装するのが良いです。

次は、デプロイ結果をslackに通知するまでを試してみます。

参考文献

Deploy - CircleCI

サイトのタイトルとURLをコピーするChrome拡張機能を公開した

文字を選択していない状態でcommand+c (mac) or ctrl+c (win) を押下した時、サイトのタイトルとURLをクリップボードに保存するChrome拡張機能「TitleUrlCopy」を開発、公開しました。

Firefox版は既に公開済みです。

takedajs.hatenablog.jp

Chrome拡張機能「TitleUrlCopy」

ここからインストールできます。詳しい仕様はこちらでご確認ください。

chrome.google.com

コードもこちらで公開してます。

github.com

Firefox版とのコードの違い

以下のように、Firefox版で利用したAPI利用コードの一部だけを修正するだけで、Chrome版を作成することができました。

Firefox版: browser.storage.local.set({});
Chrome版: chrome.storage.local.set({});

まとめ

Firefoxアドオンで利用したコードを少し修正することで、Chrome拡張機能を作ることができました。

世界的にみてもChromeはFirefoxの何倍ものユーザがいるので、この拡張機能の利用者が増えることを期待しています。 社内をみても圧倒的にChromeユーザが多いので、これを機にみんな利用してくれないかな笑

改善要望やバグ報告がありましたら、ご連絡ください。 こちらの記事のコメントに書いていただくか、Githubのissueまでお願いします。

Issues · takedajs/TitleUrlCopy_Chrome · GitHub

関連記事

今回公開したChrome拡張機能のFirefox版です。 なぜこの拡張機能を作成したかなど簡単に書いています。

takedajs.hatenablog.jp

過去に公開した業務ミスを防ぐFirefox拡張機能です。 ページのURLが指定キーワードの時、タブ全体を赤くします。 僕はこれのヘビーユーザーです笑

takedajs.hatenablog.jp

食べログの星を正規化するFirefoxアドオンを公開した

食べログのお店の評価で利用されている星を正規化して再表示するFirefoxアドオン「TabelogStarNormalize」を開発、公開しました。 PC版Firefoxではもちろんのこと、Android版Firefoxでも利用できます。

目次

  • Firefoxアドオン「TabelogStarNormalize」について
    • 仕様
    • 正規化ロジック
    • 対象ページ
  • 開発した理由
  • 苦労した点
  • まとめ

Firefoxアドオン「TabelogStarNormalize」について

ここからインストールできます。

TabelogStarNormalize – Firefox 向けアドオン

f:id:takedajs:20180318222521p:plain:w450

コードもこちらで公開しています。

github.com

仕様

既に存在しているChrome拡張機能「Tabelog-HonestStars」のFirefox版です。

仕様については以下の記事が参考になります。
食べログのレビュー点数を正規化するChromeの拡張機能「Tabelog-HonestStars」 - GIGAZINE

実際に以下のように星や点数が変化します。

f:id:takedajs:20180318222919p:plain

正規化ロジック

例えば、点数が3.4の場合は今までだと星は3でしたが、星が4になります。
逆に、点数が3.0の場合は今までだと星は3でしたが、星が2になってしまいます。

4.0 ~ = 星5
3.5 ~ 4.0 = 星4.5
3.4 ~ 3.5 = 星4
3.3 ~ 3.4 = 星3.5
3.1 ~ 3.3 = 星3
3.0 ~ 3.1 = 星2
~ 3.0 = 星1

対象ページ

PCとスマホで以下の食べログページにあるお店の星が正規化されます。

  • 検索結果ページ
  • お店詳細ページ
  • マイページ

開発した理由

  • 便利なChrome拡張機能「Tabelog-HonestStars」をFirefoxで利用したかった。
  • Android版Firefoxで利用できるアドオンを作成したかった。

苦労した点

  • 食べログサイトはPCではjQueryを読み込んでいたがスマホでは読み込んでいなかったので、ピュアJSで書く必要があり大変だった。
  • クチコミにも星があり、お店の星だけを正規化するのが少し面倒だった。

まとめ

Android版Firefoxに対応しているアドオンを開発したのが初めてだったので、リリースできて嬉しいです。 実機を利用したデバックのやり方も公式ページに記述されていたので、簡単にできました。

仕様を参考にさせて頂いたChrome拡張機能「Tabelog-HonestStars」は残念ながら現在機能していませんでした。 もし要望がありましたら「TabelogStarNormalize」のChrome版リリースも考えています。

それにしても、アドオン開発はさくっと実装できて、さくっと公開できるので楽しいですね! これからも作りたい物があったら開発して公開していきます。

関連記事

他にも作業の生産性を上げたり、作業ミスを防ぐようなFirefoxアドオンもリリースしています。

takedajs.hatenablog.jp

takedajs.hatenablog.jp

つみたてNISAについて妻にプレゼンした

つみたてNISAに興味を持ち始めた妻に、つみたてNISAについてプレゼンしました。

この記事では、つみたてNISAをプレゼンをしようと思った理由からプレゼンした結果までについて書いています。

投資判断は自己責任でお願いします。

目次

・プレゼンしようと思った理由
・プレゼン資料の内容
・プレゼンをした結果
・まとめ

プレゼンしようと思った理由

以前からインデックス投資を妻にもやってもらえたらなと密かに思っていました。 資産運用に関しては少なからず興味はあったみたいです。

そこで、インデックス投資のことが書かれている以下の本をさり気なく貸してみました。

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい

読み終わった頃に、「つみたてNISAとかiDeCoとかやった方がいいのかな?」とぼやいていたので、「キタコレッ!」と心の中でガッツポーズ。


ガッツポーズ


その後、以下のような会話に。


takedajs「つみたてNISAとか興味あるの?」

妻「うん」

takedajs「もし良かったらプレゼンしよっか?」

妻「え?プレゼンしてくれるの?してほしい笑」


という流れでつみたてNISAについてプレゼンすることになりました。

プレゼン資料の内容

「つみたてNISAを始めよう!」というベタなタイトルで以下の内容で資料を作成しました。

  • プレゼンをやる目的
  • つみたてNISAとは
  • インデックス投資とは
  • シュミレーション
    • シュミレーションサイトを利用してつみたてNISAの税制メリットを説明
  • どのインデックスファンドを購入するか
    • 楽天VTの国別構成比率などを説明
  • どの証券会社でつみたてNISAを始めるか
  • 今後やって欲しいこと
  • まとめ

プレゼンをした結果

プレゼンで勧めたとおり、楽天証券でつみたてNISAを始めて、楽天VTに積み立てすることになりました。

楽天VTにした理由は、全世界にこれ1本で投資できるからです。
複数のインデックスファンドを組み合わせると複雑になってしまい、妻的にもめんどうになってしまうかなと思い、シンプルなものを選びました。

楽天証券を選んだ理由は、iDeCoで楽天VTを取り扱っているからです。
iDeCoにも興味を持っているみたいで、もしiDeCoをやる場合でも楽天VTで良いかなと思いました。SBI証券は取り扱っていなかったので、対象から外しました。

と、楽天VT推しなのですが、まだできたばかりで純資産総額も約47億円とまだ油断できません。ひとまず楽天VTに投資しつつ、他のものに変更するかどうかも考えながら様子をみたいと思います。

まとめ

つみたてNISAについて妻にプレゼンし、積み立てを始めてもらうことになりました。

世の中的にもつみたてNISAが盛り上がっていたのと、プレゼンの前に本を読んでもらって 大まかに理解してもらっていたのが勝因かなと思います。

投資はリスクがつきもので、なおかつ本人が稼いだお金を使うので、 制度についてはもちろんのこと、リスクについても詳しく説明しました。

投資するものについて腹落ちした上で、やることを判断してくれたかなと思います。

2馬力で積み立てできるのはありがたいので、感謝してます。

関連記事

つみたてNISAを始めようと思った理由を書いた記事です。インデックス投資についても書いてます。

takedajs.hatenablog.jp

僕もつみたてNISAで楽天VTを投資してます。楽天VTに投資している理由を書いてます。

takedajs.hatenablog.jp

投資判断は自己責任でお願いします。

つみたてNISAの積み立て先を楽天VTIから楽天VTに変更した

先月からつみたてNISAで楽天VTIに積み立て始めましたが、来月から楽天VTIから楽天VTに積み立て先を変更することにしました。

この記事では、つみたてNISAの積み立て先を楽天VTIから楽天VTに変えた理由を書いています。

投資判断は自己責任でお願いします。

目次

・楽天VTIと楽天VTについて
・当初に楽天VTIを選んだ理由
・楽天VTに変更した理由
・今後の投資について
・まとめ

楽天VTIと楽天VTについて

楽天VTI

・楽天・全米株式インデックス・ファンドのこと
・米国の大中小企業の株式を分散して購入しているVTIの投資信託
・信託報酬: 0.1696%

楽天VT

・楽天・全世界株式インデックスファンドのこと
・日本を含む全世界の大中小企業の株式を分散して購入しているVTの投資信託
・信託報酬: 0.2396%

住み分け的には、今後の米国の成長を信じている人は楽天VTI、ヨーロッパや新興国などの成長にも期待している人は楽天VTを選択てな感じでしょうか。
ただ、楽天VTも半分近くは米国株を購入してます。

当初に楽天VTIを選んだ理由

つみたてNISAを始めたときに書いたブログにもあるのですが、以下の理由で当初は楽天VTIを積み立て始めました。

選んだ理由
・先進国の中でも米国株が長期的に伸び続けている
・信託報酬が安い
・米国株の集中投資になってしまうが、つみたてNISAの年額上限が40万円なのでリスクをとっても問題ないと考えた
・全世界に分散して投資できリスクが低い楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)と迷ったが、上記の理由から楽天VTI

また、成長していない国にも分散して投資する楽天VTと比べ、成長している米国に集中している楽天VTIの方がリターンが良いと言われています。

楽天VTに変更した理由

現在は勉強のため1万円だけつみたてNISAを購入しています。自分のお金を実際に投資することで、本当に楽天VTIに投資する選択は自分に合ってるのか?と考えるようになりました。

本「お金は寝かして増やしなさい」につみたてNISAの利用について以下の記述がありました。

検討する際に大切なのは、「非課税で最も得する方法」を考えるのではなく、「自分の投資方法にどのように活かせるか」を考えることです。 もっとも得する方法を追求するあまり、本来、自分がやろうとしている投資法や金融商品と異なるものに、変な形で投資してしまい、リスクを 取りすぎて資産運用を継続できなくなったりしたら、元も子もありません。

これを再度読んでたしかにと思い、今後の投資方針を改めて考えた結果、以下の理由から楽天VTに変更しました。

・米国だけに集中するリスクが大きい。
・現段階で米国が今後かなりの高い割合で成長していくだろうという確信が持てない。
・完全にほったらかしにしたいので、全世界株式クラスのインデックスファンドを選択する。
・全世界株式クラスは信託報酬が高いが、ほどほどのリターンがでれば問題ない。
・全世界に分散投資の方が今後大きなお金を預けても自分として安心できる。

自分の中ではかなり腹落ちできました。

今後の投資について

大きくはこんな感じでいこうかなと考えてます。

  1. 当分の間はつみたてNISAで楽天VTを1万円だけ積み立てる
  2. 頃合いをみて上限の3万3千円に増額
  3. iDeCoで楽天VTを投資したいがSBI証券では取り扱ってないため、各クラスのファンドを世界市場ポートフォリオに合わせて満額購入
  4. 通常口座でインデックス投資

3に関しては、楽天証券はiDeCoで楽天VTを扱ってるので、SBI証券でも扱ってくれたら楽なのに。。。 SBI証券ならやってくれると信じてます笑

まとめ

つみたてNISAでの積み立て先を楽天VTIから楽天VTに変えた理由を書いてみました。 インデックス投資について勉強してからつみたてNISAを始めたつもりでしたが、身銭を切ることで更に深く考えるようになりますね。

ネットや本で調べてみると、米国集中が良いと考える人や全世界に分散した方が良いと考える人など色々な考えの人がいます。

当たり前ですが、改めて思ったこととしては、人の意見に振り回されず自分はどうしたいか?と自問自答することが大切だなと。

何が正解かどうかは誰も分からないので、経済や金融の勉強だと思って、自分で調べたり考えてみると楽しいですし、腹落ちする答えが見つかるかなと思います。

インデックス投資は価値が下がっているときも淡々と投資することが大事なので、腹落ちするものを買うのが一番大事かもですね。

関連記事

インデックス投資を始めようと思った理由を書いた記事です。
つみたてNISAについても少し書いてます。

takedajs.hatenablog.jp

投資に興味を持っていた妻に、つみたてNISAプレゼンしました。
妻も楽天VTに積み立てることになりそうです。

takedajs.hatenablog.jp

インデックス投資ではないですが、仮想通貨の積み立て投資について書いた記事です。
今は色々と問題になっているのですが、勉強がてら少額で積み立ててます。

takedajs.hatenablog.jp

投資判断は自己責任でお願いします。

iTerm2でSSH先毎に背景色を変える

iTerm2でSSHを行った時に、SSH先毎に指定の背景色に変更されるようにしました。 iTerm2の背景色を設定できるProfileを複数用意し、SSH先毎にProfileを切り替えて背景色を変えます。

今回の記事では、iTerm2のProfile作成から背景色を変更させる実行処理の記述までを書きました。

開発環境

  • iTerm2: Build 3.1.6beta1
  • SSH先①: vagrant@192.168.33.10 (背景色を赤くさせる)
  • SSH先②: vagrant@192.168.33.11 (背景色を青くさせる)

デモ

SSH先毎に背景色が変更されるデモとデモの流れです。

f:id:takedajs:20180220171803g:plain

  1. ローカルから ssh vagrant@192.168.33.10 でアクセス(背景色が赤くなる)
  2. SSH接続のパスワード入力画面でCtrl+Cを押下(背景色が元に戻る)
  3. ローカルから ssh vagrant@192.168.33.11 でアクセス(背景色が青くなる)
  4. SSH接続のパスワードを入力し、接続成功
  5. exit を入力し、ローカルに戻る(背景色が元に戻る)

次からデモの流れを実現するための処理を説明していきます。

Profile作成

iTerm2の背景色を変更させるためのProfileを複数作成します。

iTerm2->Preferences->Profilesを表示します。今回はproductionとstaging用のProfileを作成しました。

Colorsタブ内のBackgroundを設定することで背景色を変えられます。productionは赤、stagingは青を設定しています。

f:id:takedajs:20180220172035p:plain

実行処理を記述

SSH先毎にProfileを変更する処理を記述します。

僕はzshを利用しているため、zshの設定ファイルである.zshrcに処理を記述します。

.zshrcのバックアップをとる

cp .zshrc .zshrc_20180220

.zshrc内に以下を記述

# ssh先毎に背景色を変更

function ssh_set_bgcolor() {
 case $1 in
   # ssh vagrant@192.168.33.10 の時、背景色を赤くする
   vagrant@192.168.33.10 ) echo -e "\033]1337;SetProfile=production\a" ;;
   # ssh vagrant@192.168.33.11 の時、背景色を青くする
   vagrant@192.168.33.11 ) echo -e "\033]1337;SetProfile=staging\a" ;;
 esac
 # Ctrl+Cを押下時、背景色を元に戻す
 trap "echo -e '\033]1337;SetProfile=default\a'" 2
 # exitされた時、背景色を元に戻す
 trap "echo -e '\033]1337;SetProfile=default\a'" EXIT
 ssh $@
}

alias ssh='ssh_set_bgcolor'

trapコマンドを利用することで、指定したシグナル番号orシグナル名がSSH先で実行された時の処理を設定することができます。 今回記述したシグナル番号の2はCtrl+Cを指しています。

trap 'コマンド' [シグナル番号 OR シグナル名]

最後に記述した設定を反映させるために、以下コマンドを実行

source .zshrc

これでデモと同様にSSH先毎に背景色が変更されます。

まとめ

Profileを反映した状態でProfile設定の背景色を変更すると、リアルタイムで色が反映されます。 背景色には赤や青の原色を利用しましたが、微調整しながらより自分好みの背景色を探したいと思います。 また、今回実装した処理を導入することで、本番環境にSSHする時に起きる予期せぬミスが防げそうです。

過去に作成したFirefoxアドオンも本番環境での予期せぬミスを防ぐためのものでした。 今後も予期せぬミスを防ぐための仕組みを作っていきたいと思います。予期せぬミスは撲滅したい。。。涙

参照

iTermでSSHの接続先によって背景色を変える

iTerm2でSSHログイン先別にプロファイルを自動的に切替えて事故防止する方法 | Developers.IO

Proprietary Escape Codes - Documentation - iTerm2 - macOS Terminal Replacement

つみたてNISAでインデックス投資を始めてみた

お金の運用に興味があったので、つみたてNISAが始まったこのタイミングでインデックス投資を始めてみました。

この記事では、インデックス投資を始めたきっかけから、実際に投資したインデックスファンドについてまでを書いています。

投資判断は自己責任でお願いします。

目次

・インデックス投資とは
・始めようと思ったきっかけ
・投資したインデックスファンド
・今後やること
・まとめ

インデックス投資とは

インデックス運用とは、TOPIX(東証株価指数)や日経平均のような「株価指数」(ストック・マーケット・インデックス)の銘柄と保有ウェイトで投資したのと同じ収益率を目指して運用する方法を指しますが、個人の場合、それを自分自身がやるのではなく、通称「インデックスファンド」と呼ばれるインデックス運用を行う投資信託に投資することで実行します。

参考書: 全面改訂 ほったらかし投資術

メリット
・毎月積み立てるだけなので、売買するタイミングを気にする必要がない
・投資に時間を使わなくていいので、投資以外のことに集中できる
・プロが買い付けるアクティブファンドより実績が良い

デメリット
・毎月積み立てるだけなので、運用がつまらない
・数十年単位で長期運用しないと大きな結果がでない

始めようと思ったきっかけ

家賃更新やその他の出費が重なるときがあり、貯金がいっきに減った時期がありました。 何とか乗り切ったのですが、その時期(1ヶ月間くらい)はお金の不安で仕事に集中できませんでした。

家計簿をつけてお金の支出は毎月管理していたのですが、そもそももっと収入を増やすべきだと思い、お金を増やす方法を調査していました。

その中で、以下のツイートを発見。

初めにこのツイートを見たときは、「何のことを言ってるんだ?」「インデックス投資って?」「MSCIワールド?」とクエスチョンマークばかり。。。

このツイートと同じ時に、インデックス投資について説明しているおすすめ本を紹介されていたので、興味本位で読んでみました。

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

全面改訂 ほったらかし投資術 (朝日新書)

この本を読んでインデックス投資について大まかにですが理解できました。

この本を読む前は投資に関して全くの無知だったので、投資=ギャンブルで手を出すべきではないと考えていました。長期で毎月積み立てるだけで負けないインデックス投資を知り、投資に対する嫌悪感が減り、投資は意外と身近なものなんだなという考えに。

この本の中で、以下のように書いてありインデックス投資は自分に合ってるなと思いました。

言うなれば、インデックス投資は、資本主義経済全体が今後も発展していくという期待に賭ける投資法です。 そこに納得できるのであれば、細かい投資タイミングを気にせず気にせず、長い目で見て少しずつ投資額を積み上げていくという「積み立て投資」はアリなのではないかと思います。 「積み立て投資」は手間がかかならにので、投資が趣味でも仕事でもない大多数の方々にとって、他のどんな投資法よりも「楽ちん」であることは間違いないです。

その後、ほったらかし投資術の著者である水瀬さんの新刊も読んで理解を深めました。この本はマンガが時折あるので、とっつきやすく分かりやすかったです。

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい

インデックス投資のメリット・デメリットが自分の中で腹落ちしたので、つみたてNISAを利用してインデックス投資を実際に始めることに。

2018年から始まったつみたてNISAは非課税の期間が長く、積み立て投資をする人が今後増えてくるんじゃないかと思います。 良いタイミングで始められて運が良かったですw

つみたてNISAについて

https://a248.e.akamai.net/f/248/29350/7d/pict.sbisec.co.jp/sbisec/images/base/g_nisa_info_tumitate_01_02.gif

参照: SBI証券|つみたてNISA(積立NISA)とは?
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_nisa&cat1=nisa&cat2=tsumitate&dir=tsumitate&file=nisa_tsumitate.html

投資したインデックスファンド

つみたてNISAでは投資できる対象商品が決まっており、僕は米国株ETF(VTI)に投資する楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)に積み立てることにしました。

選んだ理由
・先進国の中でも米国株が長期的に伸び続けている
・信託報酬が安い
・米国株の集中投資になってしまうが、つみたてNISAの年額上限が40万円なのでリスクをとっても問題ないと考えた
・全世界に分散して投資できリスクが低い楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)と迷ったが、上記の理由から楽天VTI

どれにするか結構悩みましたが、これが無難な解の一つかなと。

今後やること

初めてのインデックス投資なので、まずは月1万円を積み立て、頃合いをみて月額上限の3万3千円まで上げようかなと思います。

つみたてNISAの上限まで投資したあとでまだ余裕があった場合は、つみたてNISA以外の口座でもインデックス投資を始めます。 税金的にはiDeCoが効果的なんですが、60歳まで引き出せないのはつらすぎますね。

現状は米国株のみに投資でリスクがあるので、インデックス投資本来の分散投資をすべく、アセットアロケーションを意識したファンドを選び投資していきます。

また、インデックス投資をやるうえで最も大事だと考えている、「相場が低迷しても買い続ける」精神を養うために、 インデックス投資の名書と言われている以下2冊の本を読もうかなと。

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉 ―株式投資の不滅の真理

敗者のゲーム〈原著第6版〉

敗者のゲーム〈原著第6版〉

まとめ

インデックス投資について全く知らなかったのですが、自分なりに理解して、つみたてNISAを利用して始めることができました。 いつ始めても問題ないと思いますが、積み立て年数が多ければ多いほど福利の効果を発揮するので、20代のうちに始められて良かったです。

インデックス投資は負けにくいと言われていますが、元本割れなどのリスクが0ではないので、何か判断する時は自分の中で腹落ちしたもの だけをやる必要があるかなと。そのために、ほったらかし投資と言いつつも、経済について積極的に情報をとっていく必要がありますね。 何があっても自己責任なので。

関連記事

楽天VTIから楽天VTに変更したので、その理由を書きました。
全米か全世界のどちらに投資するか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです!

takedajs.hatenablog.jp

投資に興味を持っていた妻に、つみたてNISAプレゼンしました。
妻も楽天VTに積み立てることになりそうです。

takedajs.hatenablog.jp

インデックス投資ではないですが、仮想通貨の積み立て投資について書いた記事です。
今は色々と問題になっているのですが、勉強がてら少額で積み立ててます。

takedajs.hatenablog.jp

投資判断は自己責任でお願いします。

Zaifで仮想通貨の自動積み立てを始めてみた

ビットコインなどの仮想通貨が巷で盛り上がっていたので、実際に仮想通貨の自動積立投資を行ってみました。

この記事では、仮想通貨取引所のZaifでユーザ登録から自動積立設定までを書いています。

投資判断は自己責任でお願いします。

目次

・仮想通貨取引所を選ぶ
・Zaifコイン積立を選んだ理由
・ユーザ登録からZaifコイン積立設定までの流れ
・まとめ

仮想通貨取引所を選ぶ

仮想通貨取引所はかなり沢山あります。

大手の一例

・BitFlyer
・Coincheck
・Zaif

その中でも、僕はZaifを選びました。 選んだ理由は、仮想通貨取引所で唯一、自動積立投資(Zaifコイン積立)ができるからです。

Zaifコイン積立とは

「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。

Zaifコイン積立ではお客様の銀行口座から毎月固定額を自動引き落としさせて頂き、ご希望の金額を積み立てすることができます。 毎月27日に引き落とさせて頂き、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎にご指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。 もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。

参照: https://zaif.jp/doc_reserve

Zaifコイン積立を選んだ理由

以下の理由から仮想通貨には長期の積立投資が良いと考え、自動で積立てをしてくれるZaifコイン積立を選びました。

・仮想通貨は価値の上がり下がりが激しく、どのタイミングで売買していいか分からない
・チャートをずっと眺めることに時間を費やしたくない
・数年後は更に価値が上がると思うから、数年間ほったらかしで投資したい

ユーザ登録からZaifコイン積立設定までの流れ

ユーザ登録

Zaifのサイトにアクセス。
メールアドレスを登録して無料登録ボタンをクリック。

f:id:takedajs:20180110004726p:plain

届いたメール内のURLをクリックしてユーザ登録画面に開く。
まず、利用規約と重要事項説明をクリックして読み、2つのチェックボックスをクリック。

パスワードを入力して同意して登録ボタンをクリック。
※パスワードはセキュリティ的にも40文字以上で複雑にした方が良いです。
※乱数自動作成サイトなどの利用をオススメします。

f:id:takedajs:20180110004915p:plain

ログインページに遷移後、先程登録したメールアドレスとパスワードを入力して、ログインボタンをクリック。

f:id:takedajs:20180110005032p:plain

これでユーザ登録までは完了です。

二段階認証設定

セキュリティを強化するために二段階認証設定を行います。

アカウントページ->登録情報/本人確認->セキュリティ->2段階認証設定ページに書いてある指示に従い、 スマホのアプリを利用した二段階認証設定をします。

f:id:takedajs:20180110005205p:plain

基本情報登録と本人確認

アカウントページ->登録情報/本人確認->基本情報ページで名前や住所など基本情報の登録を行います。

f:id:takedajs:20180110005320p:plain

その後、アカウントページ->登録情報/本人確認->本人確認ページで、本人確認書類郵送の申請と電話番号認証設定を行います。

f:id:takedajs:20180110005451p:plain

本人確認書類郵送の申請を行うとこのようなはがきが送られてきます。 このはがきに書いてある本人確認コードを入力すると、取引ができるようになります。

f:id:takedajs:20180110000554j:plain

ただ、一点注意していただきたいのが、このはがきが届くのがかなり遅いです。僕の場合は、申請をしてから1ヶ月後に届きました。 あまりに届くの遅いので、3週間経過した時にサイトのお問い合わせフォームに催促のメッセージを送りました涙

Zaifコイン積立設定

アカウントページ->Zaifコイン積立ページで引き落とし銀行口座を登録後、毎月の購入金額を設定します。

Zaifコイン積立で扱っているのは、「ビットコイン」、「モナコイン」、「XEM(ゼム)」、「ETH(イーサリアム)」です。 ビットコインはメジャー過ぎるので、僕は他3つのアルトコインに2000円ずつ積立てみました。

f:id:takedajs:20180110005945p:plain

これで積み立て完了です。 あとは、毎月27日に引き落としされ、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎に指定金額が分割で積み立てられます。

まとめ

仮想通貨について全く分からない状態から、積立設定までやることができました。

途中、本人確認書類が届かず不安になりましたが、積立自体はさくっとできました。 仮想通貨に興味がある方は、とりえず少額から初めて勉強していくのがいいかなと思います。

関連記事

つみたてNISAに興味のある方はこちらの記事をどうぞ。
つみたてNISAのことやインデックス投資を始めた理由を書いています。

takedajs.hatenablog.jp

投資判断は自己責任でお願いします。

2018年の抱負

新年なので、抱負を書いておこうと思います。 1年後、この記事を読んだ時にどう思うか今から楽しみですw

2018年の抱負

以下の3つをメインでゆるく頑張りたいと思います。

・健康的な生活をおくる
・アウトプットを増やす
・資産運用を学ぶ

具体的な目標を書いていきます。

健康的な生活をおくる

■ 体重を70Kgまで落とす(現在73Kg)    
  - 帰宅後に暴飲暴食をしてしまうことがあるので抑える  
  - 筋トレする  
  - 平日は帰宅ラン、休日は朝ランする  

■ 8時間以上寝る  
  - 22:30までに寝て、6:30までに起きるが良い感じ  

なんだかんだ言って、健康が一番ですよね。 食べ過ぎや睡眠不足は、決断力や集中力低下に繋がるので気をつけたいです。

アウトプットを増やす

■ 月1でブログを書く  
 - 技術記事がメインだが、それ以外でも可 

SOFT SKILLSに「バカにされてもいいからとりあえずアウトプットしろ!」的なこと が書かれていて、2016年と2017年で月1のペースで記事を書いてきました。

アウトプット前提で技術を勉強すると、学んだことをメモする癖がつき、 理解度も上がっている気がします。FBも貰えるのも良いですね。

資産運用を学ぶ

■ インデックス投資をする  
 - 月1万円くらいから積立  

■ 仮想通貨に投資する  
 - Zaifで月3000円くらいから積立

資産運用をしてみたいので、少額から初めてみたいと思います。 インデックス投資がメインで、仮想通貨は遊び程度で。

まとめ

こんな感じでゆるく2018年も頑張りたいと思います。

サイトのタイトルとURLをコピーするFirefoxアドオンを公開した

文字を選択していない状態でcommand+c (mac) or ctrl+c (win) を押下した時、サイトのタイトルとURLをクリップボードに保存するFirefoxアドオン「TitleUrlCopy」を開発、公開しました。

Firefoxアドオン「TitleUrlCopy」

ここからインストールできます。最新版Firefox(ver57)にも対応してます。
詳しい仕様はこちらでご確認ください。

TitleUrlCopy – Firefox 向けアドオン

f:id:takedajs:20171123230100p:plain:w450

コードもこちらで公開してます。

開発した理由

同じ機能をもったFirefoxアドオンのヘビーユーザだったのですが、最近実施されたFirefoxのバージョンアップにより利用できなくなりました。 シンプルな機能ですが、業務でも利用しており不便だったので、開発しました。

まとめ

Firefoxのバージョンアップにより、多くのアドオンが利用不可になってます。 利用不可になったアドオンの変わりを探している方も多く、エンジニアとしては色々と開発して公開する絶好の機会かなと思います。

参考

Copy Fixer – Firefox 向けアドオン

関連記事

この拡張機能はChrome版も公開しています。

takedajs.hatenablog.jp

過去に公開した業務ミスを防ぐFirefox拡張機能です。 ページのURLが指定キーワードの時、タブ全体を赤くします。 僕はこれのヘビーユーザーです笑

takedajs.hatenablog.jp