読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takedajs ログ

備考録

Memcachedの導入とPHPとの連携

Memcached PHP

MemcachedCentOSに導入するところから、PHPで利用可能にするための連携までを書きました。インストールするものが多いので、適宜インストールしてください。

環境

Memcachedのインストール

Memcachedのインストール

wget http://www.memcached.org/files/memcached-1.4.24.tar.gz -O memcached-1.4.24.tar.gz
tar xvf memcached-1.4.24.tar.gz
cd memcached-1.4.24
sudo yum -y install libevent-devel
make
make install

Memcachedがインストールされたか確認

memcached -V

libmemcachedのインストール

wget https://launchpad.net/libmemcached/1.0/1.0.18/+download/libmemcached-1.0.18.tar.gz
tar xvf libmemcached-1.0.18.tar.gz
cd libmemcached-1.0.18
./configure
make
make install

PHPとの連携

PHPモジュールのインストール

wget http://pecl.php.net/get/memcached-2.2.4.tgz
tar xvf memcached-2.2.4.tgz
cd memcached-2.2.4
sudo yum -y install autoconf
sudo yum install php-devel
phpize
./configure --with-libmemcached-dir=/usr/local/ --disable-memcached-sasl
make
make install

php.iniに以下を追記

extension=memcache.so

php.iniのパスが分からないときは以下で確認できます。

php -i | grep php.ini

apacheの再起動

sudo systemctl restart httpd

Memcachedが呼ばれているか確認
memcachedの記述が表示されれば問題ないです。

php -i | grep memcached

Memcachedの起動と自動起動設定

Memcachedを起動

sudo systemctl start memcached

Memcachedの起動を確認

systemctl status memcached

Memcached自動起動設定

sudo systemctl enable memcached

Memcached自動起動確認

systemctl list-unit-files -t service | grep memcached

まとめ

Memcachedの導入とPHP連携ができたので、次回は実際にアプリケーション側で利用してみたいと思います。

追記 2016/9/22 アプリケーション側で利用してみました。


takedajs.hatenablog.jp