読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takedajs ログ

備考録

Macのデスクトップに付箋メモを表示させる方法

windowsを利用していたときは、デスクトップ上に表示させる付箋メモアプリにStickypaperを利用していました。
Stickypaperはデフォルト機能でショートカットキーを設定することができます。
作業中にメモをしたいときに、設定したショートカットキーを押すとデスクトップの最前面に付箋メモが表示されるので、かなり便利でした。

ですが、StickypaperにはMac版がありません。
今回は、MacでもStickypaperと同様のことができるようになる、アプリの組み合わせを書きました。

利用するアプリ

以下の2つのアプリを組み合わせます。

・メモアプリ: スティッキーズ(Macにデフォルトで入っています。)
・ショートカットキー設定アプリ: Snap

メモアプリ「スティッキーズ」

スティッキーズはMacのアプリケーションにデフォルで入っているメモアプリです。 f:id:takedajs:20160816233350p:plain:W200

スティッキーズは、デスクトップの最前面に表示させるようなショートカットキー設定がありません。
↓メモを取りたいときは、毎回アプリをクリックして表示させる必要があり面倒です。

f:id:takedajs:20160816233508g:plain:W500

ショートカットキー設定アプリ「Snap」

Snapは複数のアプリにショートカットキーを設定することができるアプリです。
設定したショートカットを押すことで指定アプリをデスクトップの最前面に表示させることができます。

↓Snapの設定画面

f:id:takedajs:20160816234015p:plain:W300

頻繁に利用しているアプリ全てにショートカットキーを設定しています。
Snapに設定しているアプリについては、別の機会で書きたいと思います。

2つのアプリを組み合わせた結果

↓Snapでスティッキーズのショートカットキーを設定して表示させています。

f:id:takedajs:20160816234050g:plain:W500

気になることや考えたことがある場合、瞬時にメモを開き文字を記述することができます。
僕は shift + Q をショートカットキーとして割り当てています。

まとめ

アプリを表示させるまでの動作をショートカットキーに置き換えることで、少し作業効率が上がると思います。